赤ちゃんが産まれました

産後ケア入院

助産院で分娩予定だった

妊娠後期より
赤ちゃんが小さめのために
嘱託医療機関管理である病院管理に

母は
お兄ちゃんも小さめで元気に産まれたこと
毎日感じる元気な胎動
この子は大丈夫と信じていた

兄の立ち会いが叶うクリニックも
考えた

助産院て赤ちゃんの体重も測った
やっぱり小さめ

たくさん話した

数字で分娩方針が決まることに抵抗を感じていたが
医療介入は赤ちゃんを助けるため
数字は異常が起こる確率が上がることを意味している🟰赤ちゃんが、、、
もしものことを想定して
赤ちゃんの事を考えた分娩場所をすすめた

最終的に
母がNICUのある嘱託の病院での分娩を決めた

医師は母の想いを汲み
可能と判断して陣痛発来を待ってくれた
入院中は助産師がたくさん想いを聞いてくれた

大学ノート2ページ越えにまとめてくれた振り返り

赤ちゃんは小さかったけども
元気だった
助産院で産みたかった
心残りは少しある
しかし、
医療介入を待ってくれ、赤ちゃんのタイミングで産めたこと、
たくさんの人に出会えたこと、
良い経験となったと。

この子は元気!
赤ちゃんを信じ
そして、
赤ちゃんの事を考えた施設を選んだことに
素晴らしい決断だと伝えたい

関連記事

  1. 赤ちゃんが産まれました

  2. 明日4月15日のおしゃべり会中止のお知らせ

  3. 赤ちゃんが産まれました

  4. 赤ちゃんが産まれました

  5. こどもの運動発達サポート11月度のお知らせ

  6. 写真倶楽部1月 雪のためお休みにします

新着ブログ おすすめ記事
  1. 2019.10.29

PAGE TOP